心のブレーキを溶かすイメージワーク

心にブレーキ(自分や人生へのネガティブイメージ)があると、いくら頭で「こうしようと」頑張っても空回りしがち…。

心のブレーキの根っこは、心の底(潜在意識)にある過去の体験でできた恐れや誤解などの感情で、これを癒さないと、似たような嫌な思いを繰り返してしまうのです。

潜在意識の中の心のブレーキを解除する有効な方法がイメージワークです。ゆったりとリラックスして、心に情景を思い浮かべるのです。

私は30年以上、カウンセリングやセミナーでイメージワークをしていますが、皆さん、頭で考えても気づかなかった深い本当の思いに気づき、涙を山ほど流して心のモヤが晴れ、グイッと前に進めます

kb03.gif イメージワーク体験者の感想 kb03.gif

●涙が止まりませんでした。悲しいというのではなく、自分の心がきれいになって、自分は本当に子供を愛していると自信を持って言えるようになった事が本当に嬉しかったです。

●小さな自分に会え、抱きしめてあげることができて本当に良かった。当時の自分を好きになれました。

●忘れていた場面が浮かんできて、自分はこんなことを求めていたのかと意外でした。悩みの根底が、はっきりと見えた様に思います。 感想の続きは,こちら

【メニュー】

画像の説明 潜在意識に動かされる私達

頭でわかってもなかなか思うように進めない時は、心深くに意識していない何かがありそう。

私達の心は、2つの意識で出来ています。

顕在意識・潜在意識
  • 顕在意識:自分で気づいている約%の心 
  • 潜在意識:普段気づかない約93%の心

潜在意識の方がずっと大きく自分に影響していますが、普段は気づかないのがもどかしいところ…

影の黒幕、潜在意識には何があるのでしょう。


hana-ani01_1.gif 潜在意識の中の人生脚本

私達は皆、潜在意識の中に、あるイメージをもっています。

それは幼少期からの体験を通して心に刻まれた

人生脚本小
  • 自分はこういう人
  • 世界はこういうところ
  • 人はこういうもの
  • だから、こんな自分を出していこう

などの、自分や世界に対してのイメージで、それらが青写真(人生脚本)となって人生に様々な出来事を引き寄せるようです。

マイナスのイメージ、例えば
「私は愛されていない」「生きることは辛い」等があると、いくら努力しても、イメージ通りの悲しい出来事を引き寄せたり

「私は気が弱い」「上手くできない」等の自己イメージがあると、その通りの自分になり、本来の豊かな可能性が出せなくなります。

あなたは、自分の中にどんなイメージがありそうですか?

hana-ani01_1.gif 過去の自分からのSOS

深層意識A小

悲しい過去は誰しも思い出したくないでしょう。ただ、潜在意識にはその頃のイメージが残っていて、人生に影を落としがち。

いくら顕在意識(7%)で「こうしよう」と頑張っても、潜在意識(93%)にネガティブイメージがあると心にブレーキがかかり上手くいかないのです。


過去の自分は、今も心の底で当時のまま苦しんでいます

生き辛さや繰り返す問題「早く気づいて、私を助けて」という過去の自分からの「SOS」でしょう。

その自分を助けてあげられるのは、今の自分です。状況も変わり成長した今の自分には、過去の自分を助ける力があります。

「イメージワーク」で心の奥の過去の自分に会い、当時の思いを受けとめて癒し、心のブレーキを解除して、本当に望む人生に舵を切り直すことができるのです。

hana-ani01_1.gif イメージで心も体も変わる

ゆったりとリラックスして、心に情景を思い描くのがイメージです。

私達の脳は、ありありとイメージしたことと実際の体験を区別できないと言われます。

豆知識 イメージの影響力をバスケットのフリースローで比較実験したところ、実際の練習だけのグループとイメージのみのグループで、上達率はほぼ同じでした。イメージに馴れると上達率はグッと上がるので、オリンピックのメダリストなどは皆、イメージワークをしています。

イメージによって病気を治すイメジュリーという療法もあり、癌も治ると報告されています。(サイモントン療法)

イメージした事は実体験として脳に刻まれ、心も体もイメージ通りに変わっていくのです。

hana-ani01_1.gif 自分を救い人生脚本を描き直す

イメージで潜在意識の深みに入り、過去の悲しい体験を描き変えることができます。ありありとイメージしたことは実際にあった事として心に脳に刻まれるので、心の底で悲しい体験を今もしている当時の自分に、本当に望む体験をさせてあげることができるのです。

カウンセリングやセミナーで様々なイメージワークをしていますが、リラックスして優しく声がけして誘導すると、誰でも心の世界に入っていけます。

イメージで気になる過去にタイムトリップして当時の自分に会い、飲み込んだ思いをなんでも、今の自分が優しく受けとめわかってあげます。すると、涙を沢山流しながら、傷ついた思いが解放されていきます。

深層意識B小

心が癒されると、その下から諦めていた本当の望みや力が湧き上がります。皆さん「こんな思いだったんだ」と自分で驚き、ストンと納得するようです。

さらに、その望みをその子に体験をさせてあげるのです。すると、過去の捉え方が変わり、ネガティブなイメージ(心のブレーキ)が溶け、望むイメージに描き変わります。

当時の自分が安心し元気になったら、その子の本当の望みを大事にする生き方を選び直します。

押し込めてきた本来の自分とつながると、自然なエネルギーが蘇り、顔つきまでスッキリ変わります。過去を見るのを嫌がっていた人も、「こんなに楽になるのなら、もっと早くやればよかった」とよく言います。

 画像の説明詳しくは 画像の説明 インナーチャイルドとは


潜在意識を癒した後は、選び直した望む生き方を、顕在意識でもサポートするのが大事です。

今までの生き方の癖は、特に余裕がない時に出がち。ただ、今はそれを身につけた背景や思いもわかるので、もう必要ないと自分で再確認できます。癒えていない思いが出てくれば、イメージで受けとめ癒してあげるのです。心の傷が癒えれば、傷を守る為の生き方も必要もなくなります。

潜在意識と顕在意識の両方で本当に望む生き方を選択すると、人生脚本が確実に変わっていきます

インナーチャイルド小

イメージワーク後、「生きるのが楽しくなった」「自分が変わり、周りも自然に変わった」などの声を沢山いただきます。それは、サナギが蝶になるような、大きく楽しい生まれ変わりのプロセスです。

カウンセリングは一般的に「ただ話をして長期間かかるもの」と思われがちですが、問題の根である心の傷(感情の滞り)をイメージワークで癒し、本来の自分の思いや望みを活かすと、短期間で元気になり自身が驚くことが多いです。何年もカウンセリングや病院に通った人が私の所にいらして1回から数回でめきめき良くなるケースもたくさんあります。

潜在意識の力,イメージを使えば、心のブレーキを解除して本当に望む生き方を選び直すことができるのです。

hana-ani01_1.gif イメージで夢の実現!

潜在意識の中のネガティブイメージに振り回されるのではなく、本当の望みや力を活かすために、manaレインボーではセミナーやカウンセリング、CDで、潜在意識を有効活用する様々なイメージワークを行なっています。

例えば、イメージ力で望みの実現を加速することもできます。

イメージ発信!

望みが実現した様子を生き生きとイメージすると、それが脳の深みから体中、さらに世界へと発信され、心も体も周りの世界もその実現に向けて変わっていくのです。

波動で結び合うこの世界では、深い心でイメージしたことに周リの世界が共鳴し引き寄せられ、現実が現れてくるようです。

自宅で自分のペースでイメージワークを行いたい方の為に、イメージワークCDもご用意しました。

インナー・チャイルド
イメージで創るHAPPY LIFE

イメージワークCD「インナー・チャイルド」

インナーチャイルドや親子関係の心の傷を癒し,本当に望む人生脚本に描き直し夢を実現!

 聴いた方の感想
 詳しくはこちら

イメージワークで過去の様々な時期の出来事,思いを癒すと、インナーチャイルドがどんどん元気になり、たくさんのヒントをくれたりもします。

夢を実現するイメージワークで「望みがすぐ実現して驚いた」という喜びの声も届いています。

地球や他の命を癒し、世界とのつながりをハートで感じ、自分を活性化するイメージワークも入っています。(無料視聴をどうぞ)

イメージ力は使うほどに磨かれ、イメージもどんどん進化し、無限大の心の世界を楽しめます

イメージの力で、過去や未来、心の深みから宇宙の果てへでも行くことが出来ます。あなたも、自分や世界が幸せになる為にイメージパワーを活用しませんか。

hana-ani01_1.gif イメージは右脳パワーへの鍵

心の93%を占める未知なる可能性の宝庫、潜在意識とつながる鍵は、右脳ありそうです。

私達の脳は右脳と左脳に分かれていて、それぞれ働きが違います。

脳_小
  • 左脳:論理的・分析的に言語で捉える脳
  • 右脳:直観的・包括的にイメージで捉える脳

理屈で考える左脳は顕在意識とつながり、ありのままに感じる右脳は潜在意識とつながっています。

右脳は、左脳の百万倍の記憶容量を持つと言われ、ひらめき、直感、豊かな創造性は右脳から湧き上がり、天才と呼ばれる人は右脳を使っています。

底知れないパワーを秘める右脳を開く鍵、それがイメージです。

私は全脳幼児教育の仕事もしていましたが、イメージ遊びなどで右脳を活かすと、子供達が、豊かな創造性、コンピューター的な記憶力や計算力、予知や透視といった超能力までも発揮するのを見てきました。

hana-ani03.gif 松尾直子著 講談社
インナー・チャイルド
人生がワクワクしてくる子供心の超パワー

松尾直子著「インナー・チャイルド」講談社刊

本来の自分の源泉インナーチャイルドとつながり,自然にパワフルに楽しく生きる秘訣が満載! 世界や脳や心の不思議な仕組みも解ります。 読者の感想

詳しくはこちら

そんな子供や大人、天才達の実例や、脳と意識の仕組み、眠れる力の活用法、イメージワークについても、私の著書で実例豊富に書いています。よかったらご覧ください。

イメージは、右脳の眠れる力にスイッチを入れ、私達を大きな世界へといざなってくれます。

誰もが持ちながら上手く活かしていない最高の宝物、それがイメージ力ではないでしょうか。

神の創造力がこの世を創ったとすれば、一人一人の人生を創るのは、自分のイメージ力かもしれません。



イメージを有効活用すれば、自分の人生を望むように創れそう!

創造の源,イメージ力を、自分も世界も幸せになるためにもっともっと活かしませんか?

コメント


認証コード6502

コメントは管理者の承認後に表示されます。